So-net無料ブログ作成
検索選択

地盤調査と基礎 整理 [その他]

地盤調査と基礎について
備忘録として整理して記録しておきます。

-----------------------

1回目:
旧建物があるため、前面の2ヶ所で測定

DSC06241.jpg

DSC06249.jpg

DSC06250.jpg

DSC06242.jpg

DSC06243.jpg

DSC06244.jpg

DSC06245.jpg

DSC06246.jpg

DSC06247.jpg

DSC06248.jpg

--------------------------------------------

土地診断の報告書 
2008年8月 

DSC06231.jpg

DSC06232.jpg

DSC06233.jpg

DSC06234.jpg

DSC06235.jpg

DSC06236.jpg

DSC06237.jpg

DSC06238.jpg

DSC06239.jpg

DSC06240.jpg

DSC06252.jpg

DSC06253.jpg

DSC06254.jpg

DSC06255.jpg

DSC06256.jpg

DSC06259.jpg

DSC06260.jpg

DSC06262.jpg


--------------------------------------------

2回目:
旧建物の解体後、5ヶ所で測定


DSC06268.jpg

DSC06269.jpg

DSC06270.jpg

DSC06271.jpg

DSC06272.jpg

DSC06273.jpg

DSC06274.jpg

DSC06275.jpg

DSC06276.jpg

WEBよりポイントを抜粋
----------------------
住宅の地盤調査でもっともよく使われる地盤調査の方法が、スウェーデン式サウンディング調査という方法で、100kgの重りを回転させながら、掘り進むのにどれだけの回転数が必要かを計るものです。

見るときのポイントは、半回転数が0のところが無いかどうかがポイントです。

1.JPG

回転数が0と言うことは、なにもせず、100kgあるいは75kgの重りだけで、沈下していく状態。 一般に、この状態の地層がある時を軟弱地盤といい、地盤改良や杭工事等の地盤補強対策が必要になってくる。


*換算N値2.0以上あるとべた基礎
*換算N値3.0以上あると布基礎でも良い


軟弱地盤の判定は非常に難しく、また、品確法の10年保証の関係で基礎とともに地盤沈下も瑕疵と見なされるため、 最近では少しでも軟弱地盤、つまり回転数0の部分があると地盤補強工事や杭工事をする建築会社が多くなっています。

でも、この状態は信号機で言えば、「黄色信号」の状態。 地盤補強まで必要ないか。やっぱり地盤補強をするべきか。はなかなか一刀両断で判断できるほど簡単なものではありません。

基準法では、
①基礎の底面から2m以内に100kgの重りで自沈するがある場合(半回転数0の部分)
②基礎の底面から、2~5mの間に75kgの重りで自沈するがある場合(半回転数0の部分)
に、地盤補強を検討する必要がある。としか書かれていません。

0の部分が一カ所だけなんだけどなぁ。う~ん。
どんな地盤補強工事をするかは、
それぞれの建築会社あるいは設計事務所の判断ということになります。


参考WEBページ:
N値 地盤強度の指標 見るときのポイント 0を探せ
http://www.ads-network.co.jp/tokusyuu/t-14/N.htm
----------------------


DSC06277.jpg

DSC06278.jpg

DSC06279.jpg

DSC06280.jpg

DSC06281.jpg

DSC06282.jpg

DSC06283.jpg

DSC06285.jpg


-------------------------------------

参考WEBページ:

N値 地盤強度の指標 見るときのポイント 0を探せ
http://www.ads-network.co.jp/tokusyuu/t-14/N.htm

誰にでもわかる工事監理 地盤調査報告書の見方
http://homepage3.nifty.com/sumai-abc/koujikanri-jibanhoukokusho.htm

誰にでもわかる工事監理 地盤補強工事
http://homepage3.nifty.com/sumai-abc/koujikanri-jibanhokyou.htm


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。