So-net無料ブログ作成
検索選択

外観イメージのプラン XEVO-E [エクステリア]

ダイワハウスさんに
一番初めにご提案していただいた
外観プランが見つかりました。

DSC06299.jpg


昨年の夏のことですが・・・
もうとてもとても昔の出来事のような気もします。

昨夏、建替を急に行うことになりました。

納期、施工管理、各種手続き、家庭事情も勘案すると
コストは割高、でも便利で安心感が高いと思える
ハウスメーカー依頼が最終の選択肢になりました。

2F建ての軽量鉄骨、オール電化対応、外壁タイル、太陽光発電、
と条件を加えていくと、自然に数社に絞られました。
(最終的に太陽光発電は諦めています)


当時、まず候補は3社でした。

パナホームさん、
セキスイハイムさん、
ダイワハウスさん、です。


次候補で考えていたのが、
外壁タイルは難しくなりますが、
軽量鉄骨+オール電化を満たす、

セキスイハウスさん、
トヨタホームさん、
ミサワホームさん、あたりでした。

-----------------------------------


実は当初、候補の筆頭はセキスイハイムさんでした。
軽量鉄骨、ユニット構造の「パルフェ」か「ドマーニ」です。

セキスイハイムさんの魅力は、このあたりでした。

*独自の「あったかハイム」 床下を利用しての蓄熱暖房
*タイル外壁
*短い施工期間
*長期でのメンテコスト、特にパルフェの陸屋根は50年間メンテ不要
http://www.sekisuiheim.com/lineup/heim_parfaie_index.html?banner_id=org
http://www.sekisuiheim.com/lineup/heim_domani_index.html


次点が実はパナホームさん、魅力はこのあたりでした。

*Panasonic製品の導入が容易(のはず)
*キラテックタイル
*「エルソラーナ」 の家事楽仕様がよさそう
http://www.panahome.jp/el_solana/index.html


事前にWEBでリサーチしていた時点では、
その2社のどちらかで決まりだろうなあと
考えていたのですが・・・


最終的には大逆転、
ダイワハウスさんになりました。


-----------------------------------

昨夏、
「こんなイメージにできますか?」
とダイワハウスさんの営業さんに渡したのがこの3枚、
いずれもXEVOカタログに掲載されていたものです。


DSC06298.jpg

XEVO1.jpg

DSC06297.jpg


-----------------------------------

そして、ダイワハウスさんから
提案していただいたプランがこれでした。


切妻屋根
DSC06299.jpg

DSC06300.jpg

DSC06301.jpg

DSC06302.jpg


陸屋根
DSC06303.jpg

DSC06304.jpg

DSC06305.jpg


特に切妻屋根の外観プランは、
好みのカタログイメージとよく似ているため
家族全員が感嘆しました。

カタログイメージの2例、
陸屋根ではない2つを足して、
2で割ったような外観プランです。

これが、ダイワハウスさんに心が傾く
大きなターニングポイントになりました。


そして家造りを進めていくうちに
ダイワハウスさんの魅力もはっきりしてきました。

*大手では初の外張り断熱工法(住んでみないと実効果は不明ですが・・・)
*INAXのタイル外壁も選択可能 
 (「ナノ親水」という防汚性能タイル有り、パナホーム/TOTOのキラテック同等?)
*フルハイト、天井までの高さのドアがモダンイメージでかっこいい
*カタログ上の選択肢が豊富(トイレはTOTO、INAX、Panaからなど)
*カタログ外でも、市販の住宅設備製品を柔軟に設置可能(Pana製品を多数採用できました)


最終的な決め手は、以下だったと思います。

*ダイワハウスさんの営業さんのお見積もり調整のお力
*ダイワハウスさんの設計さんの完成度の高い図面
*要望をバランスよく反映したプラン

ハウスメーカーの名前よりも、
結局は「人」や「プラン」でした。

住宅ブログを参照していると、「担当営業さんとの相性やプラン」で
住宅メーカーを決断されている場合が多々あります。

「大切な決断なのに、どうして偶然担当になった営業さんとの相性で決めたりするのだろう?どこにお願いするにしても、ほぼ同等の間取りプランになるのでは?そのハウスメーカーの機能や仕様の好み+予算で選択するのが当然では?」

と、以前はとても不思議に感じていましたが・・・

間取りプランは、ハウスメーカーの工法や仕様により、
できること、できないことが想像以上にあることが、よくわかりました。
「人」で選ぶことになる理由、今はよく理解できるようになりました。


-----------------------------------

そして、ダイワハウスさん提案の
当初の間取りプランがこれです。

数ヶ月たった最終段階の現在と比較しても、
驚くことにほとんど変更がありません。

最初からよく練られて、煮詰めてあったプランだと、
竣工前の今になり、あらためて感じています。
設計さんの手が入って耐力壁の配置も織り込んでいる
完成度の高いCAD図面でした。

DSC06307.jpg

DSC06308.jpg


書籍やWEBの住まい・建築関連記事、住宅関連ブログなどによると、
多くの住宅メーカーさんでは担当営業さんがまずはラフプランを作成、
契約が決まってからやっと設計さんの正確な図面、の流れです。

そのため、営業さん作成プランでは
建築制限や構造上で実はできないところが、
後から正確な図面に起こしてみると発覚、
そんなはずではないのに・・・のトラブルもあるようです。


-----------------------------------

「外観プランと間取り図面」の第一印象が効き、
競合3社の中では、ダイワハウスさんがリードとなりました。

ところが、ダイワハウスさんのお見積もりは
予算を大きくオーバーでした。

お見積もりの調整時には、
ダイワハウスさんの営業さんに
とてもとてもお世話になりました。

このあたりの経緯は、
また別の機会にまとめてみたいと考えています。


-----------------------------------


そしてこれが、最終の外観プランです。

DSC06309.jpg

DSC06310.jpg

DSC06311.jpg


XEVO=ツートンカラーのイメージが強いですが、
タイルを2色使いにするプラン案もありました。


DSC06312.jpg

DSC06313.jpg

DSC06314.jpg



nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

nice! 3

コメント 1

モモ&アピスト

はじめのプランで既に耐力壁の計算まで出来ているなんて、気合いが入っていますね。「出来る」営業さんだったのか、ダイワハウスの方針なのか?
いずれにせよ、嬉しいですね。
by モモ&アピスト (2009-02-22 16:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。